(はは)術後快調です。とすると以前の腸閉塞はやっぱり腸管癒着?



スポンサーリンク





うーしー(息子。30代前半独身)が、
潰瘍性大腸炎で大腸全摘手術の、
2期手術(2期残=存直腸切断・肛門摘出)を終えて、
今日でちょうど一週間経ちました。

 

個人的には、「えっ?まだ一週間?」
という感じです。
もう随分、時間が経った気がします。
それというのも、うーしーが快調なので、
一週間前までは、入院していたとは
思えないんですよね。

 

軽微な発症 - 中等症で再燃(抗ステロイド難治性慢性型)- 入院 -(直腸型/プログラフ)- 退院 - 再燃 - 入院(全腸型/ヒュミラ効かず) - 大腸亜全摘・人工肛門造設手術(ブログ開始) - 退院 - 腸閉塞快調残存直腸炎症(下血・腹痛再燃)入院腸閉塞残存直腸切断・肛門摘出手術退院(←★この記事はここ) - 30代のストーマライフ・・・

 

お尻の痛みがまだあるため、
座り方には工夫が必要だし、
長時間は椅子に座っていられませんが、
量には気を付けつつも、
スパゲティ、ラーメン、焼きそば・・・
以前は怖くて食べられなかったものも、
今は普通に食べています。

 

と、すると、前回の1期手術
(大腸亜全摘・人工肛門造設)の手術後、
腸閉塞の症状が何度も出たり、
退院後も緊急入院したりしたのは、
「やっぱり、腸管癒着のせいだったのかな?」
という、話題になりました。

 

10月11日の2期手術では、事前に、
「癒着が見つかれば剥離する」と言われていましたが、
やっぱり癒着があったようで、
剥離のため、手術全体の所用時間が、
当初の予定より1時間伸びました。

 

7月28日の緊急入院(腸閉塞)のときは、
レントゲンでもCTスキャンでも、
「原因は見当たらない」ということでしたが、
手術をしてみないとわからない部分だったのかもしれません。

 

腸閉塞で緊急外来に来ています

 

うーしーは、2期手術のために入院してすぐのときも、
家に外泊中に、ひどい腸閉塞を起こしました。

 

腸閉塞の激痛で病院に出戻り。痛みの過呼吸で指先,腹部,顎のしびれ

 

そういった意味では、
今回の2期手術で癒着が見つかったのは、
逆にいいことで、
そうでなければ、そのうち、
腸管癒着の剥離だけを行う
(または箇所を特定するための)
手術が新たに必要になったのかも。
(注意:あくまでも素人考えです^^)

 

・・・で、今の割と何を食べても快調な状態が、
もしかしたら、1期手術後の本来の状態なのかな、
と、今は思い始めています。

 

昨日、夫に初めて聞きましたが、
手術後、ドクターからの家族への説明で、
執刀医の先生が、
「剥がしておきましたから、今度は、(もう大丈夫!)」
と、うれしそうに言いかけたそうですが、
手術に100%はあり得ないので、
とっさに、「今後は食べる量に気を付けて」
と、言い換えたとのこと。

 

だったらいいなー。
今回の2期手術で腸管癒着が見つかり、
剥離の処置ができたことは、
先生にとっても、「やったぜ」みたいな、
気持ちがあったように夫は感じたそうです。
なんか、うれしそうに胸を張る感じだったんだって。

 

結果は、時間が経たないとわかりませんが、
今回は、スムーズにいってほしいですね。

 

昨日は夕ご飯の食卓で、
うーしーから年末調整の質問があり、
職場から届いた用紙を見ながら、
あれこれ、会話をしました。
うーしーは、今年から障害者4級になるんだねぇ・・・

 

我が家の夕ご飯は、夫が担当していますが、
今日は、午後にうたた寝をしてしまったということで、
ほっともっとの幕の内弁当でした。
でも、うーしーは普通に食べていました。
「自分がもし、本当に今後復調したら、
1個じゃ足りないはず」だそうです。

 

 

 





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です