(はは)息子の潰瘍性大腸炎「年表」ヒストリー



スポンサーリンク





この記事は、ははが記憶と記録を頼りに、これまでの流れを簡単にまとめ、2017年7月2日に作成しました(以下順次追記中)。

それぞれの時期の記事は、以下のリンク先でご覧ください。※PCの方はサイドバーのカレンダーもご利用ください。

軽微な発症 - 中等症で再燃(抗ステロイド難治性慢性型)- 入院 -(直腸型/プログラフ)- 退院 - 再燃 - 入院(全腸型/ヒュミラ効かず) - 大腸亜全摘・人工肛門造設手術(ブログ開始) - 退院 - 腸閉塞快調残存直腸炎症(下血・腹痛再燃)入院腸閉塞残存直腸切断・肛門摘出手術退院(←★現在はここ) - 30代のストーマライフ・・・

 

2015年(平成27年) 7月 発症 (市内で一人暮らし)
軽症のためすぐ回復
本人も家族も軽視、無治療で放置
2016年(平成28年) 5月 再発 実家に滞在し個人病院で治療(Tクリニック)
症状悪化
 6月 15日 入院 初めての入院(S総合病院)
 6月 23日 転院 (一週間後)(T総合病院)
 7月 プログラフを中心に絶食治療
7月にアパート解約、荷物は実家へ
8月 27日 退院 (73日間の入院)
実家に戻る
薬はプログラフからイムランへ
12月 治療に専念しやすい仕事の採用試験に合格
前職は退職、イムランは継続
2017年(平成29年) 2月 転職先の赴任地が県内遠方と判明
 3月 県内遠方に引越し紹介により病院も変わる(I総合病院)
検査の結果、数値の悪化が判明
4月 転職先に勤務開始
5月 再燃 GW後、終日の腹痛が再燃
17日 入院 再燃数日後に勤務地に近いかかりつけの総合病院に入院
(I総合病院)
5ASA製剤もヒュミラも効果なし
手術決意
6月 01日 転院 昨年入院した病院(実家市内)に転院(T総合病院) 
22日 手術 大腸亜全摘手術 人工肛門造設手術 3期分割手術の1期
 7月 19日 退院 (手術後27日・63日間の入院)(T総合病院)
25日 実家にて療養
勤務地の市役所に障害者申請
28日 入院 腸閉塞による吐き気 (T総合病院)
31日 退院 (3日間※土日含む)(T総合病院)
 8月 11日
18日
引越し(荷物だけ)
障害者手帳給付 
 9月 3期手術(肛門温存回腸嚢)をやめて永久ストーマの意思固まる
残存直腸から下血・腹痛発生
10月 6日 入院 2期手術の予定を早めてもらい入院
8日 外泊中に腸閉塞の激痛で病院に戻る
11日 手術 残存直腸切断手術 肛門摘出手術(腸管癒着剥離)
23日 退院 手術後12日・17日間の入院 ★いまはここ

 

 

 





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です