(はは)職場復帰はいつがいい?復帰したくなってきたようです



スポンサーリンク





残存直腸切断と肛門摘出の手術が終わり、
これでうーしー(息子。30代前半独身)の、
潰瘍性大腸炎の大腸全摘が完了。
退院して2日経ちました。

 

今日の夕ご飯の食卓では、
「職場復帰はいつがいいか?」という話題になりました。

 

軽微な発症 - 中等症で再燃(抗ステロイド難治性慢性型)- 入院 -(直腸型/プログラフ)- 退院 - 再燃 - 入院(全腸型/ヒュミラ効かず) - 大腸亜全摘・人工肛門造設手術(ブログ開始) - 退院 - 腸閉塞快調残存直腸炎症(下血・腹痛再燃)入院腸閉塞残存直腸切断・肛門摘出手術退院(←★この記事はここ) - 30代のストーマライフ・・・

 

うーしーは、今は退院後の療養のために実家にいますが、
自分のアパートは県内の北部のまちにあります。
仕事は職場に申請して、現在は長期休暇中。

 

退院後も、お粥中心で、病人モードだった、
前回の1期手術(大腸亜全摘と人工肛門造設)の時と大きく異なり、
今回の2期手術後のうーしーは、かなり、普通です。
お昼ごはんも、フツーに、スパゲティなんか食べちゃってました。

 

 

なので、こうなると、実家で療養するのはどうもヒマのようで、
「早めに職場復帰したい」という考えを持ち始めたようです。

 

ちなみに、退院したことを職場の上司に電話したところ、
「今も、重湯なの?」と聞かれたそうです。

 

うーしーは今まで、潰瘍性大腸炎の治療が、
思った通りにいかなかったことが本当に多かったので、
体調がなかなか安定せず、なるべく長期に休みたいと思い、
職場には、自分の病状を多少大げさに伝えていました。
そのため、職場では今も重病人と思われているようです。

 

でも、うーしー、スパゲティ食べてまっせ(笑)

 

職場の上司には、「軟飯を食べています」
と、伝えたそうですが、
うーしーとしては、早く復帰したい気持ちが募っているようです。
今までは、復帰への不安を聞くことが多かったので、
心身共に、快調になってきているんだと思います。

 

うーしーの話では、年明けには復帰したいようですが、
どうやら、職場側の都合もあるみたいな話です。
また、今のアパートでは(昭和30年代築)トイレや水回りが旧式すぎて、
古くて狭くて、ストーマの交換に著しく不便なので、
アパートも借り直すとのこと。
(そうだね、今後はそっちの利便性も大事だもんね。)
・・・といったことを、今はあれこれ考えているようです。

 

実は、うーしーは、今の仕事に転職してから、
まだ2か月も働いていません。
今年の春から新らしい職場に勤め始めて、5月にすぐ再燃、
入院→転院→1期手術→退院→実家療養→2期手術・・・
と、ずーっと、職場には居ない状態です。

 

ですが、いまの職場は、
前の少人数だった小さな民間会社と違って、
制度が整っているので、安心できます。

 

この転職は、潰瘍性大腸炎の長期治療を見越した転職でした。
似た疾患を持つ、うーしーの恩師が誘ってくれたんです。
もちろん試験はあったし、倍率も高かったのですが、
合格して採用されて、本当によかったなぁ・・・と、
思っているこの頃です。

 

うーしーの潰瘍性大腸炎の簡単な年表ヒストリーは以下をご覧ください。

参照:(はは)息子の潰瘍性大腸炎「年表」ヒストリー




※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です