【術後16・17日】初めて空腹を感じられるようになりました。



スポンサーリンク





【7月8日(土)〜7月9日(日)】
土日は病院に動きがないため、まとめて。
この土日は天気が良く、朝から太陽が見えたので朝日を浴びながらストレッチをしてみました。

 

 

三分粥ですが食事ができているので、夜〜朝は点滴が外れ、とても身軽です。直腸の管さえ持ち歩けば良いだけです。

 

 

一つ思い出したので記録として書きます。
手術前に歯科を受診しました。
そこでうがい薬(写真あり)をもらいます。

 

 

手術中に喉に管を通すことや、絶食や術後で消化器が弱っているところに菌が入らないようにするためです。一日5回(起床後、各食後、就寝前)が理想だそうです。
これまでの生活で、朝起きたらそのままの口で朝ごはんを食べていましたが、歯科医の説明を聞いたらもうそれはできないですね。
一晩で溜めた菌を朝食と一緒に体内に運んでるわけですから。
今までは食べる物ばかり意識していましたが、これからは食べ物を処理する口内環境にも気をつけていこうと思いました。

 

さて、土日は予想通りずっと三分粥。
体の変化と言えば、
・空腹を感じるようになった。
・ゲップが出るようになった。
この2つが大きかったです。

 

点滴が外れている早朝と夜に1階(休みなので誰もいない)をぐるぐる散歩したり、階段を7階まで昇ったりしていました。
運動量が増えたためか、食事がしたいという気持ちが出てきました。そして三分粥では物足りなくなってきたため、こっそり売店でビスコを買って、毎食後1〜2個食べています。
さすがにこれが原因で詰まったりはしないでしょう。

 

運動をしているとゲップが出てスッキリします(出なくて苦しかった訳ではない)。
胸焼けや嘔吐をしていた頃はゲップは全く出ず苦しかった記憶があります。
オナラやゲップは通常下品に思われますが、とてもとても大切なことなんだと実感しました。

 

医師の回診では、体調も落ち着いているので来週機を見て食事上げますね。と言われました。例の五分粥の壁、超えられるかな。

 

看護師の検温では、直腸の管からのステロイド注入、今日(日曜日)が最後とか聞いてた?と言われました。
それは聞いてはいませんでしたが、仮に今日が最後の注入だとすると明日(月曜日)管を抜くと言うことですね。超絶期待してます。
もし明日抜くとなると痛いのは嫌なので今晩は痛み止めを飲んでから寝よう(この土日は朝のみにしていた)。

 

夜の運動で1階正面入口へ。
施錠されていますが、目の前の自動ドアを越えればそこは下界なんだなーとか思いながらストレッチしています。
このドアを通る日はいつになるのだろうか。

 

 

明日からの1週間。
食事さえうまくいけば大きく進展する1週間になるはず。
退院の「た」の字くらいは出てくるかな。

 

メモ:アパートの退去決めた。





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です