大腸亜全摘後約3か月、朝からひどい下血、次回2期手術早まる



スポンサーリンク





9月25日(月)
この日は早朝から大量出血でした。
6時の起床から10時頃までで10回以上トイレに行きました。
腹痛はお尻付近から腰回りまでビキビキッと来る感じです。お腹を壊した時に下痢が来る感覚なので、便をガマンすることもできません。
次回外来受診日を待たず病院に連絡、すぐに来てくださいと言われました。
さすがに主治医もこのままでは良くないと思ったのか、10月11日(水)と早い手術日を提案してくれました。
最初っからそうしてよーと思いましたが、予定よりとても早まったので安心しました。
で、この日もいつもの薬チェンジ。「プレドネマ注腸」「リンデロン坐剤」をやめて「ペンタサ注腸」に変わりました。
あとステロイドの量。ちまちま増やしても効果がなさそうなので、グッと量を増やすことになりました。

服用している薬
・ファモチジン
・プレドニン(30mg/日)
・ペンタサ注腸

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

軽微な発症 - 中等症で再燃(抗ステロイド難治性慢性型)- 入院 -(直腸型/プログラフ)- 退院 - 再燃 - 入院(全腸型/ヒュミラ効かず) - 大腸亜全摘・人工肛門造設手術(ブログ開始) - 退院 - 腸閉塞快調 残存直腸炎症(下血・腹痛再燃)(←★この記事はここ)入院腸閉塞残存直腸切断・肛門摘出手術退院 - 30代のストーマライフ・・・

 





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です