(本人原稿)手術後3日目。昼から栄養剤「インパクト」始まりました



スポンサーリンク





10月14日(土)【術後3日目】

★AM★
担当する看護師が申し送りを受けたのだと思いますが、背中の痛み止め無しで術後を過ごしたことを知り「思わず声をあげて(ビックリして)しまった」とか「一昔前の手術を経験してしまったんだね」など声をかけられました。

★PM★
昼から栄養剤「インパクト」始まりました。
なかなかのネーミングです。
「メイバランス」より多く栄養素が入ってるらしいです。味はメイバランスと似てますが苦味?栄養素?っぽいものを感じ若干飲みにくい感じです。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

導尿カテーテル抜きました。
抜いた日は膀胱機能が正常で無いため尿を溜められずにトイレの回数は増えるらしいです。
尿意を感じ、術後初めての排尿。
尿をガマンしようとするとお尻が痛むため力を入れられないことに気づきました。
トイレが他の患者と重なると怖いので尿瓶を用意してもらいましたが、今の自分の体調を考え、個室に移ることにしました。
運が良くちょうど空きがあったため夜すぐに引っ越し。昨年ぶりの個室です。
少し寒いですが工事現場のようないびきから逃れられ、また他人を気にすることなく行動できるためやはり快適。

★夜間★
すぐに眠りにつきましたがそれからが大変でした。
眠っている間も無意識で尿をガマンするためにお尻に力が入るのか、その痛みで目が覚めます。その度にトイレへ。
夜だけで10回以上は行きました。
おかけでベッドから降りてトイレに行く身体運びはマスターできました。
そしてオシッコがガマンできないと、そういう夢を何回も見ます。例えば容器が何かで満タンになる…みたいな。
気がつけば外は明るく、起床時間の6時を迎えてました。検温のため看護師が部屋に来て、長い夜がようやく終わりました。

 

軽微な発症 - 中等症で再燃(抗ステロイド難治性慢性型)- 入院 -(直腸型/プログラフ)- 退院 - 再燃 - 入院(全腸型/ヒュミラ効かず) - 大腸亜全摘・人工肛門造設手術(ブログ開始) - 退院 - 腸閉塞快調残存直腸炎症(下血・腹痛再燃)入院腸閉塞 残存直腸切断・肛門摘出手術(←★この記事はここ)退院 - 30代のストーマライフ・・・

 





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です