【術後11日目】安定したと思えばまた絶食、吐き気に悩まされる



スポンサーリンク





【7月3日(月)】
今日は朝から胸がムカムカ。食欲は全くなく、おへそ周りに腹痛もあるグロッキー状態。
腹痛はキリキリと強い痛みが走り、10秒ほどでおさまる。これが1時間に1〜2回の周期でやってき、夜中から続いていました。
看護師に聞いたところ、お腹の痛みは蠕動痛(ぜんどうつう)ではないかと、便は出ているので問題はないと思うけど、回診で伝えてみて下さいとのこと。

朝食は五分粥半量。
豆腐一口とヨーグルトだけ食べました。
回診で症状を伝えたところ、便が出ているので腹痛はそのうちおさまるとのこと。吐き気があるのでお昼から食事はストップ、レントゲン撮ることに。
今日この症状が無ければお昼から食事がランクアップしていただけに悔しいです。
またもや五分粥半量の壁越えられず、絶食になりました。

少し横になり楽になってきたところでレントゲン呼ばれる。歩いて行けるか聞かれたので、行けますと言ったのが大失敗。動いたら
吐き気増してきました。
なんとかレントゲンを終えて病室に戻り、吐き気どめを打ってもらいました。
そして横になってたけど効果無し。
追加の吐き気どめがないか聞いて、今度は点滴でしてもらいました。

ここで自分の向かいに新たな入院患者。
家族がハイテンションですっげーうるさいの。。そして売店で買った食料ガツガツ食べるの。。カップラーメンとか。こっちはもう食べ物想像するだけで吐きそうだったから、なんとかマスクして匂いを防いだりしましたが、おかげで更に吐き気増し。
たぶん、自分が正常だったら、美味しそうに目の前で食べてくれてありがとうと思っていたんだろうな。
じぶんの状態で相手の行動の受け止め方がこんなにも変わるものなのかと。

午後、もう吐こうと思えばいつでも吐ける状態、ただ嘔吐するとお腹に力が入って痛みが走るのが怖く、ガマンしていましたが、楽になりたかったので午後3時、ついに嘔吐。大量でした。ほぼ胃液で、白いカスがあったのは豆腐とヨーグルトかな。
嘔吐は飲み会で慣れていて、まだ出るなと思ったら自分で吐いた液の匂いをクンクン嗅いで気持ち悪くしてオエッとまた残りのものを出します。
苦しかったけど、出し切ってだいぶ楽になり、吐き気はおさまりました。

便で袋がパンパンに・・・

疲れたので少し寝て、起きたら便がパンパンに溜まっていました。腸はちゃんと動いていたようです。
吐き気も腹痛もおさまりました。
レントゲン結果腸閉塞気味と言われ、また絶食で様子見ることに。

午後7時ようやくふつーの状態に。
スマホもいじれるようになりました。
午後8時、今日は一日寝たきりだったので少し運動に。

西病棟の看護師にこの出来事を話したら、
腸閉塞は手術した人は大体の人が通る道らしく、繰り返す人は繰り返すし、改善される人は改善される。自分はどちらだろう。
まぁまた閉塞して気持ち悪くなったら潔く吐いてしまえばいいか。

午後9時、今日はもうヘロヘロ。
消灯と同時に眠りにつきました。





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です