【術後24日】ついに退院日を提示される!!!!!



スポンサーリンク





【7月16日(日)】 術後24日

今日はいつもの早朝起床。
楽しみのカスティラタイムの時間ですが、
向かえには術後で絶食中のスチューデントがいるので、静かに静かに食しました。

 

自分が絶食中のとき、周りの人がご飯を食べる音がものすごく気になったことがありました。
「くっちゃくっちゃ、ゴキュゴキュ、げふぅ(げっぷ)、チッチッ(歯に挟まったのを取ってる)、あー食った食った」

 

「・・・ぐぁーっ(げっぷ)。」

 

なので逆の立場になれば人一倍気を使ってます。
まぁそういうのが気になるなら個室に行きなさいってことなんでしょうけど。

 

やった!ついに退院日を提示される!!

午前の回診。
日曜日でも来るんですね。
先生はいつ休んでるんだろうか。
回診では必ず調子を聞かれますが、今日は返事に変化を与えてみました。

 

いままで
「特に変わりないです。」
「落ち着いています。」

 

今日
「絶好調っす!」
「いつでも退院できますよ!」

 

その効果があってかどうかは分かりませんが、具体的な退院日を提案されました。
連休明けの7/18(火)の状態を観て、7/19(水)以降であれば退院可能とのこと。

 

ついに退院できそうです。

 

ただ、発注したストマ装具がまだ業者から来ていないので、連休明けに揃えばのこと。
たぶん来るでしょう。

 

他にも、ソーシャルワーカーとの相談や障害者申請用の診断書等
いろいろすることしてもらうことが残っていましたが、
退院後外来でもできるのでまずはおさらばしてしまいたい(理由は後述)。
日に日に増えていく間食物も買うのを控えよう。

 

調子が良くなってきたため、台の上が食べ物だらけに・・・

 

午後はストマケア。
ほぼ看護師のお手伝い無くできるようになりました。
ケア中に便が出ましたが、水状ではないため紙ですくって難なく処理しました。
生活しているうちに便が出ない時間帯が把握できるので、
退院後はその時間帯に装具の交換をして下さいとのことでした。

 

午後の間食でランチパックの苺ジャム&マーガリンなんて食べて見ました。
パンをかじって口の中に入れた時は幸せを感じましたが、
基本、食べ物は口の中でドロッドロにしてから飲み込むので、
マーガリンが少し気持ち悪かったかなと。

 

夜が恐怖!そのワケは・・・

夜。21時消灯。
ここから恐怖の時間が始まります。
早く退院したい理由の1つです。

 

同じ病室に入院中のおじいさん2人は、
トイレにいくためにナースコールで看護師を呼び、
介助されながらじゃないと行けません。

 

2人とも比較的術後間も無く、
トイレは頻回、2時間に1回のペースです。
これがまたうまくできていて、
2人同時にトイレに行くことはなく、
交互に行くリズムになっていまして…
つまり私は1時間おきに起こされます。

 

もう、寝るの諦めて夜中1時くらいから朝までずっとスマホいじりました。
今の時期、3時30分くらいになると外が明るくなってくるんですね。
なんだか夜が終わった気がしてホッとします。

 

真っ暗の中スマホいじっていたので、
ブラインドの角度を少し傾け外の明かりを入れました。
朝5時、ランチパックの苺ジャム&マーガリンの残りとポタージュという
リッチなタッグをデイルームで食し、
起床時間の6時に病室に戻りました。
とても長い長い夜が終わりました。

 

夜が明けて朝5時のデイルームで朝食前の間食(?)





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です