【術後25日】退院前の何もない1日。病室が賑やかで昼寝はできず。



スポンサーリンク





【7月17日(月祝)】 術後25日

おはようございます。
寝不足です。
今日は絶対昼寝をしようと思います。

 

土日はいつもそうですが、
この連休はよりいっそう、
看護師が忙しそうに感じました。
(※この日記は病院で書き溜めていたものを7月25日にアップしました)

 

自分の場合点滴の開始や血糖値の測定、薬の配布等がないので、
朝から全く看護師と接することがありません。
一応検温には来ましたが、「変わりありませんね?」の一言で
パパッといなくなってしまいます。
調子が安定している患者さんには時間をかけにくいのは理解できるので、
自分もなんとなくその雰囲気に合わせてます。

 

で、オレもオレであとプラプラって病室から抜けて浮遊しちゃうので、
この日はとことん何もない1日でした。

 

日中さすがに眠気を感じ、
ベットで横になろうと思ったらお見舞いの人ぞくぞくと。
原則、複数人の面会の場合はデイルームに移動ですが、
この部屋のお二方は容易に出歩けないため、
病室での面会になります。
やはりご家族との面会は元気が出ますよね。
賑やかになってきたので、お昼寝を諦めました^_^;

 

その他の時間帯でもお昼寝のチャンス(主に食後)はあったのですが、
食後はすぐに横になると詰まりやすいと聞いていたのでそこは避けてました。
少し時間がたつと、横になろうという気持ちより、
ゲップ出しと腸の運動目的で散歩がしたくなるので、
結局ずっと昼寝できずにいました。

 

夜。21時消灯。
ここから恐怖の時間が始まります。
以下、7月16日(日)のブログ同文。





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です