平成29年8月8日(火)_大腸肛門科外来(ストマ外来)



スポンサーリンク





2017年(平29)8月8日(火) 大腸亜全摘手術後47日目/退院後20日目

・2期目の手術は、1期目の手術から約半年後に行うのが一般的。
 3期目の手術は、2期目の手術から約3か月に行うのが一般的。
※最初の説明(T先生)では両方3か月で説明された。

 

・永久ストマを望む場合
 残りの大腸は摘出し、更に肛門も摘出・封鎖するため、
 自然排便への変更は不可能となる。
 オレの場合、残りの大腸は状態が良いのでそのままにしておいても
 問題はないのですが、歳が若く、10年ほど経過すると癌のリスクが
 あるため、摘出はしておいた方がいいとのこと。
※これが70歳~80歳の人であれば摘出しないことも考えられた。

 

・自然排便を望む場合
 残りの大腸のみを摘出する。
 便の回数や便漏れがひどい場合はストマへの変更は可能。
※吻合部の炎症、その他のトラブルの可能性がある。

 

・大腸肛門科外来と併せて「ストマ外来」を受診
 装具の交換と、皮膚・ストマの状態の写真撮影、その他相談等。
 装具の替えは持参する必要があったが、初めてだったため
 持って行かなかった。病院から装具を出してくれたので
 1セット分得しました。

 

 公衆浴場では
 ①便を溜める袋を折り畳んで小さくする。
 ②タオルを腕に掛けて装具を隠すようにして行動する。
 ③シャワーは壁側を利用する
 など、なるべく周りの人に見えないようにする工夫を教えてもらった。
 基本的にオレは深夜帯に入るのでいつも貸し切りのようなもので
 問題はないんですけどね!

 

以上、外科外来のまとめでした。




※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です