下血の理由はわからずじまい。薬が増えて来週は主治医で受診。



スポンサーリンク





大腸のほとんどを取ったのに(亜全摘)、
最近、お尻からそれなりの量の下血があるため、
昨日、病院に行ってみたうーしー(息子。30代前半独身)でしたが、
「それが何なのか?」は、わからずじまいでした。
特に先生から、「これだ」という説明がなく、
薬がひとつ増えただけ、という結果だったみたいです。

 

昨日の先生は主治医じゃないし、
血液検査と触診だけだったようですが、
病院に予約の電話を入れた時に電話に出た人が、
その場にいた主治医の先生から
指示を仰いでいるようだったので、
主治医の先生の判断は入っていると思ってよいのでしょう。

 

主治医の先生は、
外来のない曜日はずっと手術をしているらしいので、
ピンポイントでその日に行かないと、受診できませんが、
電話した午前中にまだオペ前だったのは、意外にラッキーだったのかも。

 

増えた薬は、プレドネマ(注腸)

 

そのときだけの軽症で以後何もせず、
本人も家族も治療が必要とさえ、
誰も思ってもいなかった潰瘍性大腸炎が、
悪化して最初に再燃した昨年、
個人病院からもらっていたのと同じ薬です。

 

これで薬が5種類になりました。

 

・プレドニン(ステロイド)※飲み薬
・ファモチジン(ステロイドとセットで使う胃腸薬)※飲み薬
・リンデロン (副腎皮質ホルモン剤)※座薬
・ペンタサ(たぶん)※座薬

・プレドネマ(ステロイド)※注腸

 

です。

 

うーしーは、来週、今度は主治医の先生の日に受診予定です。
現在、下血は朝のほぼ毎日で、
腹痛はあったりなかったりですが、ひどくはなく気にならない程度。
消化された食べ物は人工肛門(ストーマ)から排出されて、
今は、便がお尻に来ないので、軽いのかもしれない、と、
本人が言っていました。

 

術後はとても快調だったので、
このまま、何事もなく平和で健康な日が当たり前のように続き、
12月(11月)には、スムーズに2期手術・・・と思っていましたが、
そんな風にはなる?ならない?





※参考になった方はクリックをお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です